【Houdini16.5基礎編】6.ジオメトリの選択


今回の記事はHoudiniのジオメトリの操作方法ついての説明となります。

 Houdiniの作業は、様々な要素の選択と操作の連続です。そこで、Houdiniでは ポイント、エッジ、プリミティブなどのオブジェクトやジオメトリコンポーネントを効率的に操作するのに役立つさまざまなツールとオプションが用意されています。

選択ツール

 選択ツールを使用するときは、選択操作に専念できるようにマニピュレーターは非表示になります。 当然ですが、移動や回転などの他のツールを使用している場合も、自由に選択をすることができます。移動や回転などと同様にホットキー[S]で選択ツールを呼び出すこともできます。移動や回転中にマニピュレーターを隠し、選択ツールを使いたい場合はホットキー[S]を押し続けることで一時的に選択ツールを使用することができます。

 また、[~]キーを押すことで現在の選択状態をロック/ロック解除をすることもできます

選択ツール  [S]キー
他のツールを使用中に選択ツールを呼び出す  [S]キーを押したまま操作
選択ロックを切り替える  [〜]キー


選択の種類

 選択を追加、解除、または切り替えたり、すべてを選択するショートカットがあります。 これらのテクニックを覚えることで、作業効率は格段に向上することでしょう。

・選択  左クリック
・追加選択  [Shift] + 左クリック
・選択解除 [Ctrl(Cmd)] + 左クリック
・選択を切り替える  [Ctrl(Cmd)] + [Shift] + 左クリック
・すべて選択 [N]
・すべて選択解除  [Shift] + [N]

 

選択の方法

 ビューポートで選択する際は、4種類の方法で選択できます。これらはそれぞれジオメトリへのアクセス方法が異なります。

・ボックス選択 [F2]キー
・投げ縄選択 [F3]キー
・ブラシ選択 [F4]キー
・レーザー選択 [F5]キー

 

 

 また、表示されるジオメトリやグループを選択できるようにする選択フィルタもあります。 Houdiniでの作業に慣れてくれば、より簡単に役立つ幅広い選択肢がたくさん発見できるでしょう。

・可視ジオメトリのみを選択  [Shift] + [V]
・完全に包含されたジオメトリのみを選択  [Shift] + [C]
・グループまたは連結ジオメトリの選択  [9]


選択モード

 選択モードでは、オブジェクトやコンポーネントにアクセスできます。

 また、ツールバーのボタンやホットキーを使用して、オブジェクトレベルからジオメトリレベルに簡単にジャンプすることもできます。

オブジェクト – オブジェクトのネットワークレベルは、オブジェクトのトランスフォームで作業する場所です。 ビューツール以外のツールでは、次のホットキーを押すとオブジェクトレベルに戻ります。:

・オブジェクト  [1]

 

ジオメトリビューツールにないときは、選択したコンポーネントを選択できるジオメトリレベルにジャンプするために、次のいずれかのホットキーを使用できます。

・ポイント [2]
・エッジ [3]
・プリミティブ [4]
・バーテックス [5]


スロピー選択

 基本的には、一度に複数のコンポーネントを選択することはできません。 しかし、Editノードを使用している場合、「スロピー選択」を使い、ポイント、エッジ、およびプリミティブの組み合わせを高速で選択できます。

 

選択されたコンポーネント情報の扱いについて

 ビューポートで選択を行い、ツールを使用すると、そのツールのノードが新しく作成されます。この際、選択したポイント、プリミティブまたはエッジがノードのGroupパラメータにリストされます。

 例えば、ここでは、プリミティブ5,6,9および10がPolyExtrudeノードによって使用されていることがわかります。 グループノードにリストされているのを確認してから、面を押し出しましょう。

 グループリストされた後にジオメトリノードのトポロジを変更する場合は、フェースのプリミティブ番号が変更される可能性があり、そうなった場合は意図しない場所で押出しが行われる可能性があります。 その場合はフェースを再選択する必要があるのでトポロジ変更の際は注意してください。

 再選択を行うには、PolyExtrudeを選択し、Enterを押してハンドルツールに移動し、[` ]を押して「再選択モード」に入ります。 プリミティブを再選択してEnterを押すと、新しい選択結果がGroupパラメーターで使用されます。

 

すべて選択

 シェイプのすべてのプリミティブを選択する場合は、Groupパラメーターは空白のままになります。 内部のジオメトリのトポロジが変更された場合でも、すべてのフェイスはノードによって操作されます。 ビューポートでSelect All [N]を使用すると、通常、ツールを使用するときはこのフィールドが空白のままになります。 Select None [Shift N]ですべての選択を解除することができます。

 

グループノード

グループでは、定義されたポイント、バーテックス、ポリゴン、またはエッジを名前で参照できます。 グループをインタラクティブに定義するには、ビューアでコンポーネントを選択するか、範囲または式を使用して数学的にコンポーネントを選択します。 ポイント名またはプリミティブ番号を使用する代わりに、グループ名をグループパラメータに割り当てることもできます。

基本的なグループノードを以下に紹介します。:

Group Create – 対話型選択ができます。バウンディングボックス、面法線方向、またはエッジ角度を使用してグループに入力することができます。

Group by Range – 範囲を選択し、グループに入力する簡単なパターンを選択できます。

Group Expression – このノードでは、VEXエクスプレッションを使用してグループのメンバーを定義できます。

Group Paint – このノードでは、インタラクティブなペイントインターフェイスを使用して、グループのジオメトリを選択できます。

 

モードメニューの選択

 各選択モードには、シーンとのやり取りの方法を変更できるオプションがあります。 これらのオプションにアクセスするには、各モードのアイコンで左または右クリックします。

 コンポーネントの操作中にこのメニューを使用すると、Show Current OperatorとShow Display Operatorの切り替えができます。 Show Current Operatorを選択すると、ネットワークビューにおけるカレントノードを操作できるようになり、Show Display Operatorを選択すると現在表示しているノードが操作できるようになります。

 このメニューは異なる種類のオブジェクト用のフィルタと、マテリアル、コンストレイント、およびデジタルアセットをより簡単に選択することが出来ます。これらのオプションは各オブジェクトレベルによって異なります。

 

選択オプション

編集| コンポーネント – このボタンのコレクションから作業するコンポーネントを選択できます。 ここではエッジ選択が選択されています。

選択ツール – 選択ツールを使用すると、選択範囲を修正できます。 シーンビューに表示されているハンドルを使用します。 また、[S]キーでもアクセスできます。

選択タイプ – この上部バーを使用して、選択の種類を変更することができます。 Box、Lasso、Brush、Laserから選択できます。 いくつかのフィルタオプションもあります。


エッジループ – エッジループを選択するには、エッジを選択しながらダブルクリックします。 また、同じテクニックを使用してポイントループまたはプリミティブループを選択することもできます。 部分ループを選択するには、1つのエッジを選択してから、Aを押して終了エッジを選択します。 これもポイントとプリミティブで動作します。

シェーディングオプション – シェーディングオプションは、シーンビューで表示する内容を決定します。 この場合は、Smooth Wired Shadingを使用しています。

右クリックメニュー – 選択ツールで、このメニューを使用すると、逆選択、境界、選択範囲の拡大や縮小などの選択オプションにアクセスできます。

ディスプレイフィルタ – このフィルタを使用すると、ボーン、Nullオブジェクト、ライト、カメラなど表示する必要のないものをオフにできます。

ディスプレイオプション – 何も選択されていないときに選択モードにエッジまたはポイントが表示されますが、ここに示されているような特定のアイテムを常に表示する場合は、これらのオプションを使用する必要があります。