カテゴリー別アーカイブ: 導入・管理

Houdini Engine for Unity4.6のインストール

Houdini Engine for Unity4.6のインストール方法

Unity4は32bitアプリケーションであるため、Houdini Engineをインストールするには、32bit版のHoudiniまたはHoudini Engineのインストーラーを使用する必要があります。
今回はWindows OSを例に説明します。
Houdiniでデジタルアセットを作成し、Unity4.6でそれを利用するのであれば32bit版のHoudiniのインストーラーをダウンロードします。
Houdiniでデジタルアセットを作成せず、ただUnity4.6でそれを利用するだけであれば32bit版のHoudini Engineのインストーラーをダウンロードします。

1.Houdini本体のインストーラーを使う場合
Sidefxのダウンロードサイトから32bit版Houdini本体のインストーラーをダウンロードします。
HoudiniSetupダウンロードしたインストーラーを実行し、[Next]をクリック、License Agreementで[I Agree]をクリックしてライセンス規約に同意します。
コンポーネント選択で必要なコンポーネントを選択し、[Next]をクリックします。
HoudiniInstallHoudini Engine for Unity 4.6 32-bitにチェックを付けて[Next]をクリックします。
2015-03-13 17_18_02後はインストール場所等を指定して、進めていけばインストールの完了です。
これで”Houdiniインストールディレクトリ\engine\unity“にhoudini-engine.scripts.unitypackageがインストールされました。

2.Houdini Engineのインストーラーを使う場合
Houdiniでデータを作成しないけれども、UnityでHoudiniのデジタルアセットを利用したい方ならHoudini Engineだけをインストールすることもできます。
Sidefxのダウンロードサイトの下側で32bit版Houdini Engineのインストーラーをダウンロードします。
HoudiniEngineDownloadダウンロードしたインストーラーを実行し、[Next]をクリック、License Agreementで[I Agree]をクリックしてライセンス規約に同意します。
そして、インストール場所を指定して[Install]をクリックします。
これでHoudini Engineがインストールされます。

Unity4.6でHoudini Engineプラグインを読み込む

Unity4.6を起動して、AssetsメニューからImport Package/Custom Packageを実行します。
Unity1HoudiniまたはHoudini Engineインストールディレクトリ\engine\unityの中にあるhoudini-engine.scripts.unitypackageを開きます。
Unity2そして、Importをクリックします。
Unity3これでProjectのAssetsにHoudiniプラグインがインストールされ、Houdini Engineメニューが追加されました。
Unity4

Houdini EngineメニューのLoad Houdini AssetからHoudiniデジタルアセットを開きます。
HoudiniまたはHoudini Engineインストールディレクトリ\engine\unity\Assets\OTLs\Samplesの中にHoudiniデジタルアセットのサンプルがあります。
Unity5そのサンプルフォルダのEverGreenフォルダにあるEverGreen.otlを開くと、下図のようなプロップが読み込まれます。このプロップのパラメータをUnity側で変更することができます。
Unity6

Houdini Engine for MAYAインストールとトラブルシューティング

Houdini Engine for MAYAのインストール方法

インストールする方法には、
Houdini本体のインストーラーを使う方法とHoudini Engineのインストーラーを使う方法があります。
前者はHoudiniを使用し且つMAYAでHoudini Engineも利用する方
後者はHoudiniを使用せずMAYAでHoudiniのデジタルアセットを利用する方に向いています。
今回はWindows OSを例に説明します。

1.Houdini本体のインストーラーを使う場合
SidefxのダウンロードサイトからHoudini本体のインストーラーをダウンロードします。
インストーラーには32bitと64bit版がありますが、32bit版はUnity4向けにあり、Houdini Engine for Mayaに関しては64bit版のインストーラーをダウンロードしてください。
HoudiniSetupダウンロードしたインストーラーを実行し、[Next]をクリック、License Agreementで[I Agree]をクリックしてライセンス規約に同意します。
コンポーネント選択で必要なコンポーネントを選択し、[Next]をクリックします。
HoudiniInstallHoudini Engine for Maya 64-bitにチェックを付けて[Next]をクリックします。
HoudiniInstallMaya後はインストール場所等を指定して、進めていけばインストールの完了です。
これで”Houdiniインストールディレクトリ\engine\maya“にHoudini Engineのモジュールがインストールされました。
Houdini Engineプラグインの設定は、事前にインストールされているMAYAに対して自動的に行なわれています。
“MAYAインストールディレクトリ\modules”の中にhoudiniEngineモジュールが入っていることを確認します。
module次に、MAYAを起動して、WindowメニューのSettings/PreferencesサブメニューからPlug-in Managerを実行します。
houdiniEngine.mllのLoadedにチェックを付けます。
MAYAPluginmanagerこれでMAYAのメニューにHoudini Engineの項目が追加されました。
MAYAEngineMenu2.Houdini Engineのインストーラーを使う場合
Houdiniでデータを作成しないけれども、MAYAでHoudiniのデジタルアセットを利用したい方ならHoudini Engineだけをインストールすることもできます。
Sidefxのダウンロードサイトの下側でHoudini Engineのインストーラーをダウンロードします。
HoudiniEngineDownloadダウンロードしたインストーラーを実行し、[Next]をクリック、License Agreementで[I Agree]をクリックしてライセンス規約に同意します。
そして、インストール場所を指定して[Install]をクリックします。
これでHoudini Engineがインストールされます。
しかし、このインストーラーは1.Houdini本体のインストーラーを使う場合とは異なり、手動でプラグインの設定をする必要があります。
以下にその手順を載せます。
エクスプローラから”Houdini Engineインストールディレクトリ\engine\maya“に移動します。その場所にMAYAのバージョン別のフォルダがあるので、目的のバージョンのフォルダの中に進みます。
HEModuleDirhoudiniEngine-mayaバージョン名のファイルをコピーします。
HEModuleコピーしたファイルを”MAYAインストールディレクトリ\modules”の中にペーストします。
次に、MAYAを起動して、WindowメニューのSettings/PreferencesサブメニューからPlug-in Managerを実行します。
houdiniEngine.mllのLoadedにチェックを付けます。

トラブルシューティング

MAYAのPlug-in ManagerでhoudiniEngine.mllのLoadedにチェックを付けて以下のエラーが出た場合の対処方法を説明します。
HE4MAYAErrorMAYAのScript Editorで見ると、
// Error: file: C:/Program Files/Autodesk/Maya2015/scripts/startup/autoLoadPlugin.mel line 46: Unable to dynamically load : C:/Program Files/Side Effects Software/Houdini Engine 14.0.265/engine/maya/maya2015/plug-ins/houdiniEngine.mll
指定されたプロシージャが見つかりません。
// Error: file: C:/Program Files/Autodesk/Maya2015/scripts/startup/autoLoadPlugin.mel line 46: 指定されたプロシージャが見つかりません。
 (houdiniEngine) //
// Error: line 1: Unable to dynamically load : C:/Program Files/Side Effects Software/Houdini Engine 14.0.265/engine/maya/maya2015/plug-ins/houdiniEngine.mll
指定されたプロシージャが見つかりません。
 //
// Error: line 1: 指定されたプロシージャが見つかりません。
 (houdiniEngine) //
のメッセージが表示されている場合、MAYA側でHoudini Engineのパスが見えていないことが原因として考えられます。

対処その1.
MAYAインストールパス\modulesの中にあるhoudiniEngine-mayaバージョン名をテキストエディターで開き、そこに記述されているHoudini Engineのパスがあっているか確認してください。間違えていれば修正します。
対処その2.
システム環境変数Pathで指定されている文字列の文字数を確認してください。2015-03-10 14_20_02その文字列とHoudini(またはHoudini Engine)のインストールパス(例. C:/Program Files/Side Effects Software/Houdini Engine 14.0.65/bin)の長さの合計が
Windows OSの制限値である1023文字以内に収まっている必要があります。
この条件が満たされなかった場合には、上記のエラーが起こります。
この解決策は、MAYAのプリファレンスフォルダ(<ドライブ名>: \Documents and Settings\<ユーザ名>\My Documents\maya\<バージョン>の中にあるscriptsフォルダにuserSetup.pyという名前でテキストファイルを作成します。

そのテキストに
import os
os.environ[‘PATH’] = ‘C:/Program Files/Side Effects Software/Houdini Engine 14.0.265/bin;’+ os.environ[‘PATH’]
のように記述します。
これで1023文字数を超えたPathでもMaya側で正しく取り込まれるため、このエラーを解決することができます。

 

HOUDINI_USER_PREF_DIR

デフォルトでのHoudiniの環境設定ファイルはホームディレクトリに格納されます。HOMEシステム環境変数を変更していなければ以下のフォルダが環境設定ファイルの保存場所になります。
Windowsの場合:
C:\Users\{ユーザー名}\Documents\houdini{バージョン名}
Macの場合:
Macintosh HD/ユーザ/{ユーザー名}/ライブラリ/Preferences/houdini/{バージョン名}
(ターミナルのパスは /Users/{ユーザー名}/Library/Preferences/houdini/{バージョン名}です。)
Linuxの場合:
/home/{ユーザー名}/houdini{バージョン名}
に格納されます。

Houdini14からは、その環境設定ファイルの場所を示すシステム環境変数HOUDINI_USER_PREF_DIRが追加されました。
この環境変数を利用することで、Houdiniの環境設定ファイルの場所を変更することができるようになりました。
Windowsでは環境変数に
HOUDINI_USER_PREF_DIR = 設定ファイルの保存場所\__HVER__
と定義します。
例えば、HOUDINI_USER_PREF_DIR = C:\HoudiniSetting\__HVER__
とかC:\HoudiniSetting\Houdini__HVER__などのように設定します。
必ず”__HVER__”を付けてください。__はアンダースコア2つです。Houdiniが自動的に”__HVER__”をHoudiniのバージョン番号に置換します。

Environment設定が終わりましたら、OSを再起動します。
Houdiniを起動すると、HOUDINI_USER_PREF_DIRの場所に設定ファイルが生成されます。
ExplolerMacやLinuxはお使いのシェル環境に合わせて環境変数を設定してください。
MacでHOUDINI_USER_PREF_DIRの値を反映させてHoudiniを起動するにはHoudini Shell TerminalからHoudiniを起動させる必要があります。

Houdiniユーザーガイドをアップデート

HoudiniユーザーガイドをHoudini13用にアップデート致しました。

hd_ug_sample01 hd_ug_sample02

これまでのユーザーガイドでは、Houdini11~12を前提としてチュートリアルとなっており、Houdini13でもチュートリアルを学習できるように修正しております。
また、チュートリアル通りに作成したhipファイルを用意しております。

レッスン1では、以下のよう柱のモデリングから破壊までを学習することができます。

Tutorial1

レッスン2では、ティーポットのブロック化とデジタルアセットの使い方を学習することができます。

Tutorial2-1 Tutorial2-2

このHoudiniユーザーガイドは、Houdiniを弊社ならびに弊社パートナーよりご購入頂いたお客様へ無償でご提供致します。
また、弊社が定期的に開催しておりますHoudini講座を受講された方にも特典としてご提供致しております。

Houdini13日本語オンラインマニュアル完成

去年末にHoudini13日本語オンラインマニュアルをリリースし、これまで随時アップデートを行なって参りましたが、この度、Houdini13日本語オンラインマニュアルが完成しました。

Houdini13ヘルプ
Houdini13ヘルプ

このHoudini13日本語オンラインマニュアルは、Houdiniを弊社ならびに弊社パートナーよりご購入頂いたお客様へ無償でご提供致します。
また、弊社が定期的に開催しておりますHoudini講座を受講された方にも特典としてご提供致しております。