カテゴリー別アーカイブ: 新機能

Houdini14新機能~ユーザーインターフェース~

Houdini14のユーザーインターフェースの変更点を説明します。

  • HoudiniのGUIがQtフレームワークベースになりました。
  • ステッキーやテキストフィールドへの日本語入力と表示に対応しました。
  • Pythonパネル(PySideとPyQt)に対応しました。
  • 折り畳み式パラメータフォルダに対応しました。

選択:

  • 2,3,4,5キーが常にコンポーネント選択モードになりました。
  • 選択/スナップするジオメトリがハイライトします。
  • エッジループ選択の仕様が変わりました(Aキーを押したまま選択)。
  • SOPのGroupパラメータの隣にReselectボタンが追加されました。
  • 選択は、ジオメトリ処理の後でも保持されます。
  • 追加選択がShift+クリック、選択状態の反転がCtrl+Shift+クリックに変更されました。
  • Nキーが”Select All”、Shift+Nキーが、”Select None”のショートカットキーに変更されました。

ハンドル:

  • Box, Grid ,Sphereツールのハンドルが新しくなりました。
  •  コンポーネント毎のハイライト。
  •  コンテキストに順応したカーソル。
  •  ハンドルのサイズが変更できるようになりました(*キーが拡大、/キーが縮小)。
  •  ビューポートでのオブジェクトのサブディビジョン表示が+、-キーで切り替えることができるようになりました。
  • 中マウスドラッグによる間接ドラッグ。
  •  ビューポート内でのHUDの操作性が改良されました。
  • ハンドルの整列の切り替えがMキー、Edit SOPによるブラシモードの切り替えがBキーに変わりました。
  •  ブラシのサイズがマウスホイールで変更できるようになりました。

デジタルアセット:

  • メインメニューにAssets項目が追加されました。
  • Create Digital Asset from Selection
    -自動的にサブセットを作成します。
  • Lock/Unlock/Saveオプションが新しくなりました。
  •  デジタルアセットのファイル拡張子が.otlから.hdaに変わりました。
  • Orboltへの簡単アクセス。

プロジェクトの作成と設定:

  • File>New Projectでプロジェクトの作成し、File>Set Projectで$JOB変数の場所を定義できるようになりました。

ビューポート:

  • 再生パフォーマンスが3~10倍高速化されました。Alembicジオメトリの表示が高速化されています。
  • スナッピングが高速で精度が良くなりました。
  • Mac OS Xが他のプラットホームと同等のサポートになりました(Open GL 3)。
  • 3Dと2Dのビューポートでより高品質なジオメトリ表示。
  •  ビューポート関連のプロンプトとメッセージは、ステータスバーではなく、ビューポート内に表示されるようになりました。
  •  UVビューポートでチェック柄の背景を表示するようにしました(Brightnessパラメータで制御)。
  • Space + Zによるビューポートの中心の設定が、巨大シーンに対して高速化され、すべてのプリミティブタイプに動作します。
  • 新しいWireframe Ghostディスプレイモードでは、隠線を通常線と見分けやすくなるために、薄く描画します。

ネットワークとパラメータ:

  •   Float型Rampパラメータの補間タイプにBezier、B-Spline、Hermiteのタイプが追加されました。
  •  カラーピッカーウィンドウが色温度に対応して機能拡張されました。
  • パラメータエディターにカラースライダーが組み込まれました。
  •  ネットワークボックス内のノードを整列できるようになりました。
  •  選択したスプレッドシートの項目をタブ区切りのテキストとしてクリップボードへコピーすることができるようになりました。
  • パラメータエディターは、ビューポート操作中に常に更新するようになりました。 Update UI トグルは削除されました。
  • ユーザープリファレンスディレクトリの場所は、HOUDINI_USER_PREFS_DIR環境変数を使用して上書きできるようになりました。
  • パフォーマンスモニタに、イベントログをディスクへ保存する Save to file ボタンが追加されました。

Houdini14 Sneak Peek

2015年1月にリリースされますHoudini14新機能のデモ動画が公開されました。

ダイナミクス:
・Position-Based Dynamicsによる砂、ワイヤー、ソフトボディ、布のシミュレーション

ユーザーインターフェース:
・GUIからのJOB変数のプロジェクト設定
・.新しいアニメーションエディター
・アニメーションレイヤー
・PySide/PyQtによるカスタムパネルの作成
・事前選択のハイライト
・グループ選択
・ヘルプのWebkit対応

Grooming Tools:
・アーティスト制御可能なブラッシング
・OpenVDBベース

Crowd Tools:
・有限オートマトン
・パックエージェント
・流体/Bulletソルバ/SANDソルバとの相互作用
・エージェントのハードウェアアクセラレーション表示
・レンダリング時でのエージェントの変形