カテゴリー別アーカイブ: SOP

簡単なVOPの説明 (SOP)

こんにちは、篠島です。

VOPネットワーク内でVOPノードを組み合わせていろんな事をすることが出来ます。普通のノードはマルチスレッド対応してなかったりしますが、VOPネットワークを自分で組むとマルチスレッド対応なので処理速度も普通のノードよりも早いです。

続きを読む

Houdini14で追加されたSOPノード

Houdini14で追加されたSOPノードの一覧です。
Houdini13ではAttribVOP、VOP SOPのノードが似た機能として存在していましたが、
Houdini14ではAttribute VOPという名前に変更されております。

Agent エージェントプリミティブを作成します。
Agent Edit エージェントプリミティブのプロパティを編集します。
Agent Look At エージェントの頭が指定したオブジェクトや位置に向くように調整します。
Agent Prep 他の群衆ノードで使用する色々な共通Pointアトリビュートをエージェントに追加します。
Agent Proxy エージェントを別の表示に変更します。
Attribute Delete アトリビュートを削除します。
Attribute Interpolate アトリビュートを補間します。
Attribute Randomize 多様に分布したランダムなアトリビュート値を生成します。
Attribute Rename Houdini13のAttributeノードの事です。
Attribute Transfer By UV UVを使ってアトリビュートを転送します。
Attribute VOP Houdini13のAttribVOPやVOP SOPに該当します。
Point VOP 〃。Run Overのデフォルト値がPointsです。
Primitive VOP 〃。Run Overのデフォルト値がPrimitivesです。
Vertex VOP 〃。Run Overのデフォルト値がVerticesです。
Collision Source DOP衝突で使用するジオメトリとVDBのボリュームを作成します。
Convert Line ジオメトリを線分に変換します。
Crowd Source Crowd Solverに使用する群衆エージェントを作成します。
Curve Groom ビューポートでガイドカーブを直感的に制御することができます。
Draw Hair Guides ヘアーガイドを描画します。
Grain Source パーティクルベースのGrain(粒)シミュレーションのソースとして使用するパーティクルを生成します。
Hair Growth Field ストロークプリミティブに基づいてVelocityフィールドを生成します。
Normal サーフェス法線アトリビュートを計算します。
Output サブネットワークの出力としてマークします。
Point Deform ポイントクラウドに基づいてジオメトリを変形します。
Point Relax お互いに指定した半径領域と重ならないようにポイントを動かします。
Primitive Wrangle Houdini13のAttribWrangleに該当します。Run Overのデフォルト値がPrimitivesです。
Vertex Wrangle 〃。Run Overのデフォルト値がVerticesです。
Reguide 新しくガイドをばら撒いて、既存ガイドのプロパティを補間します。
Repack パックAlembicやパックディスクプリミティブをパックジオメトリプリミティブとして再パックします。
Solidify ポリゴンメッシュを自己交差のない密閉したポリゴンメッシュに変換します。
Split プリミティブやポイントを2つのストリームに分岐させます。
Spray Paint サーフェス上にランダムにポイントを吹き付けます。
Stroke Cache ストロークに基づいてジオメトリを段階的に修正するツールの構築を簡単にします。
Test Geometry テスト用ジオメトリ。
Transfer Guides ガイドを転送します。
UV Flatten ジオメトリをUVの島に平坦化(展開)します。
UV Layout UVの島を指定した領域に詰め込んでUVを再接続します。
VDB Activate SDF VDBボリュームプリミティブに記録された符号付き距離フィールドを拡張/収縮します。
VDB Clip 境界ボックスや他のVDBをマスクにしてVDBボリュームプリミティブを切り取ります。
VDB Morph SDF ソースとターゲットのSDF VDB間をブレンドします。
VDB Occulusion Mask VDBプリミティブに対してカメラから見て影となる部分にボクセルのマスクを作成します。
Verify BSDF 必要なインターフェースに準拠しているかBSDFを検証します。
Volume Rasterize Hair レンダリング向けにファーやヘアーをボリュームに変換します。

Houdini14新機能~ヘアーとファー~

Houdini14では、ヘアー/ファー用に新しいグルーミング(毛繕い)ツールが導入されました。これらのツールは、将来のバージョンでより高度なグルーミングツールを開発するための基礎を備えています。

H14HairWerewolfGroom

新しいグルーミングツール

  • OpenVDBフィールドとStroke SOPをベースにしています。
  • ヘアーガイドに作用します。
  • 完全にプロシージャルであり、アーティスト制御が可能です。
  • 親しみやすいファー。
  • 新しいシェルフツールには、髪の作成、髪のカット、髪の伸ばし、髪の乱れ、髪の持ち上げ、髪の櫛通しを含んでいます。
  • 特定の毛根を植えるツール(例えば、ほおの髭)。
  • スクリーン空間とサーフェス空間の両方で動作するツール。
  • スキンとの衝突を自動的に処理します。
  • 高速で直感的。

他の変更と改良点

  • ガイドに影響を与えるファーペイントツールすべてが、新しいグルーミングツールと互換性がなく、すべて置き換わったので削除されました: Comb, Comb Noise, Paint Bend, Paint Bend Noise, Paint Twist, Paint Twist Noise, Paint Length。
  • Mantraでのヘアーとファーのレンダリングが高速化されました。
  • Fur Object, Fur SOP, Mantra Fur Proceduralに、ガイドされていないヘアーを削除するオプションが追加されました。
  • Volume Rasterize Hair SOPに、ラスター化されたカーブの幅をスケールするパラメータと接線をラスター化するオプションが新しく追加されました。