SideFXのジェフによるVEXとVOPのウェビナー

日本時間で2016年6月29日、 1:00 AM – 3:00 AM の間にSideFXのジェフによるVEXとVOPのウェビナーが開かれます。英語ですがVEXスクリプトに興味のある人は是非見てみてください。VEXはC++で書かれたコードと同等の処理速度があり、自分でカスタムノードを作ることが可能です。

英語のウェビナーに参加するには予め登録が必要です。

ウェビナー登録

登録後にメールで詳細が送られてきますので、指定時間になったらそこのメールに記載されているアドレスに行くことでウェビナーに参加できます。

 

Houdini 15 日本語オンラインマニュアル完成

この度、Houdini 13~15 日本語オンラインマニュアル全ページの日本語化が完了しました。

これまで、日本語マニュアルのHOM (Houdini Object Model – PythonによるHoudiniのAPI) の hou 項目のみ英語になっておりましたが、hou 項目の日本語化が完了したことにより、すべてのページが日本語になりました。

また、Hoduini 15 のドキュメントは Houdini 15.0.470 に更新しております。

続きを読む

Velocityパス

前回はモーションブラーについて説明したので、今回はVelcityパスの作り方を説明したいと思います。Houdiniはとても柔軟なソフトでほぼなんでもできてしまうソフトですが、逆に「なんでこんな単純な事が簡単にできないんだ?」 という状況も非常に多々あり、Velocityパスもこのケースです。

続きを読む

モーションブラー

こんにちは篠島です。今までパスのレンダリングの仕方をいろいろと説明してきてVelocityパスの吐き出し方を説明しようと思いましたが、その前にモーションブラーの説明をしたいと思います。

続きを読む

Positionパスのワールド座標とカメラ座標

こんにちは、篠島です。Positionパスはデフォルトでカメラスペースでの位置を記録したものですが、これをワールド座標で吐き出すことが可能です。コンポジットで何をしたいのかによって、ワールド座標のPositonパスが必要になってきたりします。今回はワールド座標のPositonパスを使って簡単にマスクを作って見ます。

続きを読む

Positionパス等の使われ方

こんにちは。篠島です。前回はPosition、Z-Depth、ノーマルパスをレンダリングしました。Positionパスなんて何に使うんだ?と思う人もいるかもしれませんので、今回はHoudiniから話がそれますがNukeで簡単にそれぞれのパスの使い方を説明します。残念ながらHoudini内のCOPネットワークでは複雑なコンポジットはまだできません・・・。

続きを読む